登録
ようこそ 
登録情報を変更する

マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/02/2012  Reported by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

コパ・アメリカ:ブラジルが決勝進出

コパ・アメリカでは、準決勝でブラジルがウルグアイをPK戦の末に破り、決勝進出を決めている。ユナイテッドの新加入選手アンデルソンは、ベンチ入りは果たしたものの、この試合では出番がなかった。

PK戦では、昨シーズンはローマに所属し、オールド・トラッフォードで7失点という経験のあるブラジル代表GKドニが、DFディエゴ・ルガーノが放った低いシュートをセーブする活躍で、この試合のヒーローとなった。その直前にウルグアイは、6人目のパブロ・ガルシーアがPKを決めれば勝利、という最高のチャンスを迎えていたが、ガルシーアのシュートはポストの内側に当たって跳ね返り、ノーゴールとなっていた。

ルガーノがPKを止められた後、ウルグアイの選手たちは、勝ったブラジルの選手たちが大喜びする姿に耐えられなかった。その後は、両チームの選手がもみ合いとなる事態にまで発展した。

PK戦に突入する前も、この試合には多くのドラマがあった。14分、ブラジルがDFマルコンのゴールでリードを奪うやいなや、照明灯一機が故障するアクシデントに見舞われた。これで試合が長い間中断し、ブラジルは勢いを奪われてしまった。
そして36分、ウルグアイは、元ユナイテッドのストライカー、ディエゴ・フォルランが同点ゴールを奪った。しかし、ハーフタイムを前にブラジルもまた反撃。その4分後にジュリオ・バチスタが、FKからヘディングでゴールを決め、再びリードを奪った。

ウルグアイも譲らず、後半の半ば過ぎに途中出場のセバスティアン・アブレウが決めて、再び同点に。90分間終了後、延長戦は実施しない今年のコパ・アメリカの大会規定から、試合はそのままPK戦へと持ち込まれていた。

ページ 1 / 2 次へ »