登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、ツアー初戦に満足

サー・アレックス・ファーガソン監督は、アジアツアー初戦の浦和レッドダイヤモンズ戦の試合後、選手たちの出来には満足していると語った。

1点をリードされたユナイテッドは、後半にダレン・フレッチャー、クリスチアーノ・ロナウドの連続ゴールで2-1と逆転。しかし浦和レッズがその後反撃し、試合は2-2の引き分けで終了した。だが、ファーガソン監督は、この初戦の出来は良好だったと考えている。

ファーガソン監督は、MUTVにこう語った。
「後半、我々はちょっと疲れていた。長旅の影響もあったことだろう。14、15時間の移動だったし、厳しいのは確かだ。ただ選手たちはよく順応し、時々いいサッカーを見せてくれてはいた。そうしたプレーを何度か披露できたし、試運転にしては内容もよかったから満足している」

「リードされた後もよく盛り返していた。後半はスピードアップしてスタートし、うまい具合にプレーできていた。試合終盤には足が動かなくなったが、非常にいいプレーをしていた選手もいたね」

「ルーニーとロナウドは、2人とも秀逸だった。プレーに成長が見られたし、状況判断もよくなっていた。あの2人の出来には非常に満足しているよ」

また、ファーガソン監督は、リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチに代わり、後半から出場したジョニー・エヴァンス、ダニー・シンプソンといった若いDF2人を誉めたたえた。

ページ 1 / 2 次へ »