登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/12/2007  Report by Gemma Thompson

ロナウド、2得点に満足

クリスチアーノ・ロナウドは、フルアム戦でチームを勝利に導く2得点をマークできて嬉しく思うものの、PKを与えてもらえず、ハットトリックを逃したことは残念だと語った。

ロナウドは10分にボレーシュート、53分にヘディングシュートを決めた。ロナウドはその後、ルイ・サアのパスからゴール前へ抜け出し、GKアンティ・ニエミと一対一になった。そしてペナルティエリア内で倒されたかに思われたが、ロブ・スタイルズ主審はロナウドのダイビングと判定し、イエローカードを与えた。

「レフェリーの判定には従うが、納得しているわけじゃない」とロナウドは試合後、MUTVに語った。

「あれはPKだ。リプレイを見れば、レフェリーもGKがボールを触っていないことがよく分かるだろう」

「それなのに僕がイエローカードをもらうなんて残念だ。だがそれもサッカーだし、レフェリーもときには間違いをする。判定には不満が残るが、一番大事なことは勝ち点3を奪ったことだ」

ロナウドは今シーズンの自身12、13得点目をマークしたが、ユナイテッドでの初のハットトリック達成は逃した

ページ 1 / 2 次へ » 


困惑

「レフェリーの判定には従うが、納得しているわけじゃない。あれはPKだ。リプレイを見れば、レフェリーもGKがボールを触っていないことがよく分かるだろう」
─ クリスチアーノ・ロナウド