登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/12/2007  Report by Nick Coppack

ギグス「もっと点は入っていた」

ユナイテッドは3日のプレミアリーグでフルアムに2-0で勝利したが、代理キャプテンのライアン・ギグスは、もっと得点差がついていてもおかしくなかったと語った。

「ゴール前の詰めが甘かった。(フルアムのGK)アンティ・ニエミも何度かいいセーブを見せたしね」とギグスはMUTVに語った。
「勝ち点3を獲得できて嬉しいが、もっとゴールを決めたかった」

ギグスはまた、前後半に1点ずつを決め、チームを勝利に導いたクリスチアーノ・ロナウドを称賛した。

「彼は絶好調だし、チームの全てのゴールを挙げている。いろんな形からゴールを奪える選手だ。空中戦にも強いし、今日の試合の前半では、見事なテクニックでボレーシュートを決めた」

さらに、ロナウドがペナルティエリア内で倒れ、PKではなく、イエローカードをもらったことについては、次のように語った。

「誰もがPKだと思ったはずだ。レフェリーもあのシーンを見返せば、ミスだったと気づくだろう。だがレフェリーも、一瞬のプレーに対して、すぐに判定を下さなければいけないから、大変だと思う」