登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/12/2007  Report by Gemma Thompson in Rome
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、若手選手の活躍を確信

サー・アレックス・ファーガソン監督は、12日のチャンピオンズリーグのローマ戦で若手プレーヤーを多く起用する予定だが、どの選手も気後れすることなく、好プレーを披露してくれるだろうと自信をのぞかせた。

「負けてもいいと思ってチームを送り出すことはない」とファーガソン監督は前日会見で語った。

「ピッチ上のマンチェスター・ユナイテッドは常に全力を尽くして戦う。水曜日(12日)の試合でもその姿を見ることができるだろう」

ユナイテッドとローマは咋シーズンのチャンピオンズリーグでも対戦。準々決勝第2戦ではユナイテッドがローマに7-1の大勝を収めた。

「イタリアでは、1-7のような大敗を喫した監督は、銃を突きつけられ、次の朝には殺されているものだ」とファーガソン監督は続けた。

「しかし(ルチアーノ・)スパッレッティ監督はクラブから大きな信頼を得ている。彼は優秀な指導者だ。ローマが好成績を残していることに敬意を表している」

ローマで行われた咋シーズンの準々決勝第1戦では、サポーターと地元警察の間で暴動が発生してしまった。ファーガソン監督は今回の対戦ではそのようなことが起きないことを祈っていると語った。

ページ 1 / 2 次へ »