登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/12/2007  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「いいチームが勝っただけ」

サー・アレックス・ファーガソン監督は29日のウェストハム戦について、相手の方がいいプレーをしていたと潔く敗戦を認めた。

ユナイテッドはこれで今シーズンのリーグ戦3敗目を喫したが、ファーガソン監督は今後は勝ち続けていく必要があると述べた。

「とくに前半はいいプレーができなかった。ウェストハムは積極的に攻撃を行っていたし、早い段階でタックルを仕掛け、私たちにプレッシャーをかけていた」

「そういう意味では先制点を奪えたのはラッキーだったと思う。だが試合内容では向こうの方が上だった。チャンスを2、3回作っていたし、シュートがクロスバーに当たる場面もあった。その一方で、私たちはほとんどシュートを打てなかった」

「負けたのは残念だが、セットプレーから2点を許してしまっては勝てない。FKやCKからゴールを奪われるのはこちらにミスがあるからだ。いいプレーができていない証拠で、きちんと対処できなかった」

ファーガソン監督はチームの不調の原因をはっきりとは説明できないものの、これからシーズンの後半戦を迎えるにあたり、今回のような敗戦は避けなければならないと語った。

ページ 1 / 2 次へ »