登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/12/2007  Report by Nick Coppack

監督、ロナウドのプレーはPK

サー・アレックス・ファーガソン監督は、2-0で勝利した3日のプレミアリーグのフルアム戦について、クリスチアーノ・ロナウドが“ダイバー”という不当な評判を受けているために、PKを与えてもらえなかったと主張した。

ロナウドは79分、ペナルティーエリア内でGKアンティ・ニエミのチャージを受けて倒れたが、ロブ・スタイルズ主審は、ロナウドのシミュレーションであると判定して、イエローカードを与えた。

しかし、ボールが前線へ流れ、それを追いかけていった結果倒れたケースと違い、ロナウドはボールをしっかりコントロールしており、ニエミが足を払わなければ、ロナウドは3点目をマークしていたはずである。

「あの判定は、ロナウドはダイブをするというレフェリーの固定観念から生まれたものだ」とファーガソン監督はSetanta Sportsにコメントした。

「だが、なぜあの場面でダイブをしなくちゃいけないんだ? ロナウドは全速力で走り、GKをかわし、ハットトリックを決めようとした瞬間・・・・・・本当に不可解な判定だ」

「GKというのは相手選手には触っていないといつも主張するものだが、どう解釈するかはレフェリー次第である。だが、今日の試合の判定は間違っている。それは明らかだ」