登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

ヴィダ「前進あるのみ」

ネマニャ・ヴィディッチは、プレシーズンマッチ、インテル戦でのユナイテッドの負け方に落胆していたようだが、シーズン開幕後に守りのミスをするよりも、今のうちにミスをしておくべきだとも語っている。

オールド・トラッフォードでのインテル戦では、守備の乱れから2-3と敗れてしまったユナイテッドだが、ヴィディッチはすぐに今後へと意識を切り替え、5日(日)のコミュニティー・シールド、チェルシー戦への抱負も口にした。

ヴィディッチは、MUTVにこう語っている。
「インテル戦は、今シーズン初めての手強い相手だったからね。チェルシー戦でミスをするよりは、今日ミスをしておいた方がいいだろう。ミスから学ぶことが必要だ」

「前半の内容はよくなかったが、後半は盛り返した。よりコンパクトになって陣形を保っていたが、次の試合ではもっといいプレーをしたいと思う。前に進まないとね」

「アジアツアーでの試合が悪かったとは言えないが、インテルのような素晴らしい選手たちとは対戦できなかった。先にも言ったが、シーズン開幕後にミスをするよりも、今日しておいた方がいいってことだよ」

パワフルなプレーで知られるセルビア代表のヴィディッチは、コミュニティー・シールドでのチェルシー戦に勝利し、プレミアリーグのタイトル防衛に向けて、チームの士気をアップさせたいと考えている。
「試合には全部勝ちたいし、特に相手がチェルシーならなおさらだね。インテル戦に続いて、今シーズンでは2回目の手強い相手との対戦だし、ぜひ勝利したい。プレーを向上させて、シーズン開幕に備えたいんだ」