登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「あれはテベスの得点」

サー・アレックス・ファーガソン監督はトッテナム戦後、ナーニの強烈なシュートにわずかに触れて決勝点としたカルロス・テベスのプレーについて、テベスにゴールが与えられるべきだと語っている。

ポルトガル出身のウイング、ナーニが放ったシュートは、トッテナムGKポール・ロビンソンを抜いてゴールに収まっていたが、テレビのリプレー映像によるとボールはテベスの頭をかすめ、わずかながら方向を変えていた。

ゴールが決まった直後は、詳細についてはあまり触れられなかった。というのは、このゴールがユナイテッドの今シーズン初勝利に繋がるものだけに、オールド・トラッフォード全体がまずは安堵に包まれたからだった。だが、自身も現役時代はセンターフォワードを務めたファーガソン監督は、あのゴールはテベスに与えられるべきだと語っている。

ファーガソン監督は、スカイスポーツにこうコメントした。
「カルロス・テベスがボールに触ったことで、ゴールが決まったんだ。ナーニのシュートも強烈だったし、あれだけでも決まったかも知れないが、自分もセンターフォワードだった経験から個人的には、あれはテベスのゴールだと思うね」

また、後半にゴール前5メートルの位置からディミタール・ベルバトフが放ったシュートをウェズ・ブラウンがブロックした後、トッテナムがPKを主張していたことについては、こう断言している。

「トッテナムがあれだけ抗議をしていたので、最初はPKになるんじゃないかと考えていたんだ。だがその後はっきりと確認できたし、ウェズも自分の胸に当たったと言っていた。ブロックした際に、彼が腕を突き出していたから、トッテナ

ページ 1 / 2 次へ »