登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ルーニー、2カ月戦線離脱

8月12日のレディング戦で、左足の亀裂骨折を負ったウェイン・ルーニーは、向こう2カ月間、戦線離脱する見込みだと、ユナイテッドは認めている。

21歳のストライカー、ルーニーは、ハーフタイム直前にマイケル・カリックのクロスに合わせようとして身体を伸ばしたところで、レディングのDFマイケル・デュベリーと接触して負傷。後半からは交代を強いられていた。
試合後の検査の結果、ルーニーの左足に骨折が判明。ユナイテッドにとってはいきなりシーズン序盤から大きな痛手となった。

ルーニーの代役として出場が予想されるカルロス・テベスと、アンデルソンの移籍発表記者会見で、サー・アレックス・ファーガソン監督は、ルーニーが10月まで欠場予定であることを明かした。だが、ルーニーが予想よりも早い復帰を果たす可能性が残されていることも、ファーガソン監督はほのめかしている。
もっとも、足の部分でも中足骨の負傷は、過去にルーニーも経験済みではあるが、具体的に復帰の見通しを立てにくい故障としても知られている。

ファーガソン監督は、こう語っている。
「我々はルーニーの復帰時期を2カ月後と予想している。だが骨にひびが入った場合の復帰予測は難しいんだ。もちろんもっと早い時期の復帰を願うが、現時点では2カ月後というのが妥当だと考えている」

「それまでに練習には復帰してくるはずだが、試合に出場できる予定については正確な日程は予想できない。大きな痛手だが、これはユナイテッドのみならず、イングランド代表にとっても同じことだね」

ページ 1 / 2 次へ »