登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

ロナウド、復帰を待ちわびる

クリスチアーノ・ロナウドは、3試合出場停止となってユナイテッドに貢献できない現在の状況に、いらだちを覚えていると明かしている。

8月15日のポーツマス戦で、リチャード・ヒューズと小競り合いを演じたことで退場処分となったロナウドは、8月19日のマンチェスター・シティー戦(0-1で敗戦)が3試合出場停止のうちの1試合目となった。
開幕3試合を終えてユナイテッドが挙げた勝ち点はわずかに2という状況に、ロナウドは自分がチームに貢献できないもどかしさを感じている。

ロナウドは、デイリー・ミラー紙にこう語っている。
「ユナイテッドでプレーできなくって悲しく思うよ。特にこうして勝てない時には、すごくいらだちを覚えるね」

9月15日、アウェーでのエヴァートン戦まで出場できないロナウドだが、彼の欠場中はチームメートたちが勝利への道を切り開いてくれると確信している。
「たとえシーズン序盤が悪くても、僕は楽観的に構えているし、ユナイテッドのことを信じているんだ。すぐに状況は変わるだろうし、ポジティブであるべきだよ」



ロナウドの自信は揺るがず

「たとえシーズン序盤が悪くても、僕は楽観的に構えているし、ユナイテッドのことを信じているんだ。すぐに状況は変わるだろうし、ポジティブであるべきだよ」
− クリスチアーノ・ロナウド