登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 4 次へ » 

ユナイテッド 2-3 インテル

今シーズン初の国内でのプレシーズンマッチとなったオールド・トラッフォードでのインテル戦は、両チーム計5ゴールの攻撃的展開となったが、ユナイテッドは2-3で敗れている。

オールド・トラッフォードでのフレンドリーマッチとしては新記録となる7万3738人という大観衆を集めたこの試合では、イングランドとイタリアのチャンピオン同士の対決とあって、90分間を通して非常に見応えのある展開が続いた。

ロベルト・マンチーニ監督率いるインテルは、ダビド・スアーソとズラタン・イブラヒモヴィッチがゴール。一方、ユナイテッドはウェイン・ルーニーの得点とアドリアーノのオウンゴールでの2点に終わっている。

前半、動きがよかったのはインテルだったが、ユナイテッドも後半に入ってからは試合を優勢に進めており、PK戦まで持ち込めなかったのは不運でもあった。
ユナイテッドの今夏の新加入選手であるアンデルソン、ナーニ、オーウェン・ハーグリーヴスは、いずれも故障のため欠場し、スタンドから試合を見守っていた。

試合開始3分で、いきなりロナウドが持ち前のスキルをスタンドをぎっしり埋めた観客の前で披露した。素晴らしい個人技でマクスウェルを苦しめシュートを放ったが、ボールはインテルGKジュリオ・セザルの守るゴールの右ポスト際にそれた。

その3分後、再びロナウドがユナイテッドのチャンスを演出した。ロナウドは、ファーサイドのイーグルスに絶妙なクロスを送ったが、インテルは新加入のクリスティアン・キヴがなんとかこのボールをクリアし、難を逃れた。キヴは今年4

ページ 1 / 4 次へ »