登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

バークレイズ・プレミアリーグ
8月12日(日)
オールド・トラッフォード

マンチェスター・ユナイテッド 0
レディング 0
22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 4 次へ » 

ユナイテッド 0-0 レディング

オールド・トラッフォードでのシーズン開幕戦で、ユナイテッドはレディング相手に苛立ちの募る引き分けという結果に終わった。またウェイン・ルーニーが、この試合で足を骨折するという痛いニュースも入っている。

プレミアリーグのタイトル防衛を目指すユナイテッドだが、開幕戦は組織的なサッカーを展開するレディングを相手に、数多くのチャンスに恵まれながらも、歯ぎしりするような展開を強いられた。
スティーヴ・コッペル監督率いるレディングのゴールを破れなかったことに加え、ユナイテッドにはルーニーが試合途中で故障したというニュースもあった。ルーニーに代わり、後半からは今シーズン新加入のナーニが出場した。

ファーガソン監督は、レディング相手に新加入選手は誰も先発させず。16人のベンチ入りメンバーのうち、新加入選手はポルトガル出身のナーニのみだった。
つまり、アンデルソン、ハーグリーヴス、テベスは、オールド・トラッフォードには姿を見せず、ユナイテッドは昨シーズン同様のメンバーで開幕戦に臨んだのだ。

依然欠場中のガリー・ネヴィルに代わり、この試合でもウェズ・ブラウンが右サイドバックを務めた。また、ミカエル・シルヴェストルを左サイドバックで起用することで、パトリス・エヴラがプレシーズン同様にウイングとして出場した。

レディングは、左サイドバックのニッキー・ショーリーがクリスチアーノ・ロナウド封じの役割を担い、執拗にマークし続けた。
試合序盤は手探り状態が続いたが、前半9分、ユナイテッドは最初のチャンスを得た。カリックのロングパスからルーニーがゴールに突進し、シュートを試みるが、これはレディングGKハーネマンによって阻まれた。

その1分後、カリックがボレーシュートを放つも、ボールはクロスバーの上へとそれた。さらに15分には、ペナルティエリア内のウェズ・ブラウンに対してカリックが巧妙なパスを出すが、スティーヴン・ハントにクリアされた。
その10分後、ロナウドは得意の個人技でハントを翻弄し、パーフェクトなクロスをゴール前に入れたが、ギグスのボレーシュートはニアポストに弾かれた。

ページ 1 / 4 次へ »