登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

監督「スミス放出は辛い決断」

サー・アレックス・ファーガソン監督は、人気の高かったアラン・スミス(26歳、FW)を、ニューカッスルに手放したことは、大きな痛手だったと認めた。
イングランド代表歴のあるスミスは、オールド・トラッフォードでの浮き沈みの激しい3年間のキャリアの後、先週、ニューカッスルへの移籍を完了した。

ニューカッスルで新たにキャリアを歩むスミスだが、ファンからもチームメートからも好かれていただけに、ファーガソン監督はその穴を埋めるのに苦労しそうだと認めている。
ファーガソン監督は、デイリー・エクスプレス紙にこう語っている。
「アランは、ドレッシングルームで素晴らしい存在だったし、選手としてもとても重要だった」

「イングランド国内でも、現在、彼のような人気者はそういないし、我々にとっては非常に難しい決断だったんだ」

スミスはリーズから移籍してきたにもかかわらず、その真摯な姿勢でユナイテッドファンを即座に虜にした選手だった。ファーガソン監督は、スミスがオールド・トラッフォードに戻ってきた時にはいつも、暖かい歓迎を受けるだろうと確信している。
「彼が去ったのは、非常に辛かったんだ。ユナイテッドの誰もが、彼のことを大好きだったし、ファンも同じ気持ちだと思うね」