登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Nick Coppack

監督、ユナイテッドを讃える

8月19日(日)のシティー戦で0-1と負けた後、サー・アレックス・ファーガソン監督の困惑した表情が印象的だった。だがファーガソン監督は、次の週末にオールド・トラッフォードで開催されるトッテナム戦で勝利することが緊急課題だと語っている。

ファーガソン監督は、多くのユナイテッド・ファン同様、内容の乏しかったシティーになぜ負けたのか理解に苦しんでいた。
「CKがどれだけあったか、どれだけボールをキープしていたか分からないが、試合を通して絶好のチャンスが何度もあったことは確かだ。それも開始10分間でもね」

「相手がハーフウェイラインを越える前に、試合を決めておくべきだった。ただ責められるのは我々自身であることは、間違いない」
シーズン開幕戦のオールド・トラッフォードや、4日前のフラットン・パークと同様に、ここイーストランズでも、ユナイテッドはまたもやチャンスで得点を挙げることができなかった。これで開幕後3試合を戦っていまだ勝ち星がなく、プレミアリーグでのチーム史上最悪の出足となってしまった。

だが、チームのプレー内容については、ファーガソン監督は引き続き納得しているようだった。
「チーム全体を見渡しても、悪い出来の選手はひとりとし

ページ 1 / 2 次へ » 


サー・アレックス

「チーム全体を見渡しても、悪い出来の選手はひとりとしていない。どの選手も自分の仕事をこなしているんだ。もちろん必要なのは勝つことだし、来週のホームでのトッテナム戦ではなんとか勝ちたいね」