登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

28/03/2018  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 4 次へ » 

オピニオン:今季の命運は9戦に

国際マッチやワールドカップはいったん忘れよう。ここからの2ヶ月は、マンチェスター・ユナイテッドがいかに2017-18シーズンを終えるかの瀬戸際だ。

国際マッチデーからは産物もあった。ジェシー・リンガードはイングランド代表で初ゴールを決め、スコット・マックトミネイはスコットランド代表デビューを飾り、ロメル・ルカクもベルギー代表で得点力を見せつけた。しかしその他多くのレッズのメンバーたちにとっては、このテストマッチの期間はメインイベントが中断された形になった。

近年、国内のコンペティションの重要度はますます増している。今年の夏はW杯ロシア大会がビッグイベントとなることは疑いようがないが、いまの段階でそちらに意識を向けるのは早い。マンチェスターに戻ってやるべきことはまだたくさんある。そこには大きなものがかかっているのだ。

ピッチ上の選手達からダグアウトのコーチ陣、スタンドのファン、世界中のサポーターたちに至るまで、ここからの8週間は、昨年の6月14日にフィクスチャーが発表されて以来、着実に積み重ねてきたものの集大成となる。全員が自分たちの時間や意識をそこに注ぎ込んできたのだ。

ページ 1 / 4 次へ »