登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

18/10/2017  Report by Mark Froggatt in Lisbon
ページ 1 / 3 次へ » 

ベンフィカ戦注目ポイント

マンチェスター・ユナイテッドは、UEFAチャンピオンズリーグ・グループAのベンフィカ戦に1-0で勝利した。決定機こそ少なかったものの、同試合の注目ポイントを紹介したい…

1.テクノロジーの恩恵
力強いパフォーマンスを披露したマーカス・ラッシュフォードが、決勝点を決めた。勝敗を分けたゴールシーンは、運にも恵まれたものだった。左ウィング付近からラッシュフォードが放ったフリーキックを、GKのミレ・スヴィラールが掴んだものの、ゴールラインテクノロジーがゴールラインを割ったと判定し、ゴールに認定された。

2.チャンピオンズリーグ記録
残念ながら失点を喫したスヴィラールだったが、18歳と1ヵ月22日でチャンピオンズリーグの試合に出場し、史上最年少記録を更新した。これまでの記録は、1999年9月15日のオリンピアコス戦に出場した当時レアル・マドリー所属のイケル・カシージャスが保持した18歳と1ヵ月26日だった。

3.マティッチの帰還
ベンフィカ時代にジョルジュ・ジェズスに才能を見出され、ホールディングMFにコンバートされたネ

ページ 1 / 3 次へ »