登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

01/09/2016 
ページ 1 / 2 次へ » 

ダービーヒーロー:ガスケル

大きな関心を呼ぶマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティーによるダービーマッチを前に、過去60年のダービーで輝いたユナイテッドの10選手を振り返る。第一回目は、1956年に行なわれたアウェイでのダービーマッチで、誰も想像していなかったにもかかわらずチームに勝利をもたらした選手を紹介したい。

デイヴィッド・ガスケル
1956年10月24日│メインロード
マンチェスター・シティー 0-1 マンチェスター・ユナイテッド

フットボールにまつわる話の中には、信じ難い類のものも存在する。弱冠16歳の誕生日から僅か19日後、ユナイテッドの第4GKは、1956年のチャリティシールドをスタンドから観戦していた。試合中、レイ・ウッドが負傷を悪化させた際、コーチのバート・ホエーリーが客席にいたそのGKを探しだし、急遽ピッチに呼び寄せた。

10代だった少年はすぐに着替え、急造GKを務めたダンカン・エドワーズのもとに駆け寄った。「フィールドに入ったとき、ダンカンがゴール前を守っていたんだ」と、ガスケルは当時を振り返る。

ページ 1 / 2 次へ »