登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

08/09/2016  Text by Kota Minato
ページ 1 / 4 次へ » 

輝きを増す新星:バイリー

ジョゼ・モウリーニョ監督による今夏最初の補強は、ほぼ無名に近いDFだった。

それもそのはず、DFエリック・バイリーは約2年前の2014年10月にトップデビューを果たしたばかりだった。17歳からエスパニョールの下部組織に所属していた彼は、2014-15シーズンにトップチーム昇格を果たすと、リーガ・エスパニョーラ第7節レアル・ソシエダ戦で初出場。88分の途中出場でわずかなプレーだったが、それでもプロとして新たな一歩を踏み出した。

その後、ビジャレアルを経て、今夏にユナイテッドへ移籍したバイリーだが、加入時点でトップチームでの公式戦通算出場数はわずか52試合。そんな若きDFの獲得には、疑問視する声も挙がっただろう。モウリーニョ監督もボーンマスとのプレミアリーグ開幕戦後に「彼のような選手を獲得すると、常に疑問に思われてしまう」と認めたが、それは彼の目を見張る活躍があったからこその発言だった。

バイリーは8月7日に行われたコミュニティシールドのレスター戦にフル出場し、ユナイテッドで公式戦デビュー。スピードある相手エースのFWジェイミー・ヴァーディを封じ込み、屈強なフィジカルを誇る相手主将のDFウェズ・モーガンとの空中戦でも競り合いの強さを見せつけた。ファン投票のマン・オブ

ページ 1 / 4 次へ »