登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

05/10/2016  Report by James Tuck

サー・ボビーのキャリアを回想

2016年10月6日は、サー・ボビー・チャールトンが17歳でマンチェスター・ユナイテッドのファーストチームデビューを飾ってからちょうど60周年目に当たる。

1956年の同日、オールド・トラッフォードに詰めかけた4万1000人のユナイテッドファンは、ユースチームを卒業した当時弱冠18歳のチャールトンが、デビュー戦で2ゴールをあげた歴史的な瞬間を目撃。その後チャールトンはユナイテッドで通算758試合に出場し、クラブ史上最多となる249ゴールを記録した。

ミュンヘンでの飛行機事故からヨーロピアンカップ優勝まで、サー・ボビーはユナイテッドの選手として数々の瞬間を経験してきた。今回は、1940年代、1950年代の画像を含め、後にユナイテッドとイングランド代表の将来を担う若者が、フットボール選手としてのキャリアを歩み始めた時期を振り返る。画像をクリックして、ギャラリーをチェックしよう。