登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

09 March 2016  Report by Ben Ashby. Video by Liam Cockshoot
ページ 1 / 2 次へ » 

トップ5ゴール集:ベスト

リスボンでの試合で一躍時の人となり、“El Beatle”というニックネームがついたマンチェスター・ユナイテッドレジェンドのジョージ・ベストが決めたゴールの中から、Inside Unitedが最も記憶に残る5ゴールをセレクトした。

1968年ヨーロピアンカップ決勝
リスボンでの準々決勝でのパフォーマンスから2年、ベルファスト出身のベストが、ウェンブリーで開催されたヨーロピアンカップ決勝で再び躍動した。レアル・マドリーとの準決勝第1戦、オールド・トラッフォードで唯一のゴールを決め勝利に貢献したベストは、アウェイでの第2戦で同点ゴールをアシスト。決勝戦では延長に勝ち越しゴールを決めてチームに勢いを与えると、ユナイテッドは4-1で勝利し悲願の欧州制覇を達成。ベストのキャリアで最大のトロフィーを獲得した瞬間だった。

ダブルハットトリック
技巧派選手として知られたジョージのキャリアで、純粋にゴールだけでこの試合を上回るものはない。1970年2月に行なわれたノーサンプトン・タウンとのFAカップ5回戦は、ベストにとって出場停止明け後の初戦だった。審判が手に持ったボールを蹴ったとして、ベストには4週間の出場停止処分が科されていたのだ。この処分を不服に感じていたベストは、復帰後、「この怒りをノーサンプトンにぶつける」と宣言。そして、なんと6ゴールという離れ業をやってのけ、チームも8-2で完勝した。ユナイテッド史上1試合6ゴールをマークしたのは、1911年のチャリティシールド戦で6ゴールを決めたハロルド・ハルゼとベストしかいない。

ページ 1 / 2 次へ »