登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

16/06/2016  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 4 次へ » 

EURO出場選手の背番号

マンチェスター・ユナイテッドからEURO 2016に出場している選手の中で、クラブと代表で着用している背番号が同じなのは、ウェイン・ルーニーしかいない。

イングランド代表キャプテンのルーニーは、16日(木)、ウェールズ戦に出場予定。それ以外の各国代表選手は、ユナイテッドでの番号とは異なる背番号のユニホームで試合に臨んでいるので、紹介したい。

マッテオ・ダルミアン(ユナイテッド:36、イタリア代表:4)
ユナイテッドに加入した当時、従来なら右サイドバックに与えられる2番が空いていたものの、古巣トリノで付けていた36番を選択。代表でも、ダルミアンのポジションの選手では珍しい4番を着用している。

ダビド・デ・ヘア(ユナイテッド:1、スペイン代表:13)
代表で13番を着けている特別な理由などはない。長年正GKとして君臨するイケル・カシージャスが1番を付けているからだ。しかし、グループDチェコ戦では、カシージャスに代わり、デ・ヘアが先発出場を果たした。

ページ 1 / 4 次へ »