登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

05/06/2016  Report by James Tuck
ページ 1 / 3 次へ » 

CBデュオが年間最多試合出場

デイリー・ブリントとクリス・スモーリングは、2015-16シーズンに55試合に出場し、マンチェスター・ユナイテッドのフィールドプレーヤーとしては、直近21年で年間最多出場試合数を記録した。

GK以外のポジションの選手としては、1994-95シーズンに58試合に出場したガリー・パリスター以来最多で、1998-99シーズンに56試合に出場したGKピーター・シュマイケル以来最多の出場試合数に達した。

選手のローテーション起用が行なわれる現代のフットボールにおいて、ブリントとスモーリングが残した数字は稀で、両選手がコンディションを安定させ、シーズンを送ったことが見て取れる。両CBを軸としたユナイテッドは、昨季のバークレイズ・プレミアリーグで最多となる18試合でクリーンシート(無失点)を達成。また、年間失点数でも、トッテナムと並び35点でリーグ最少タイの数字を残した。

両選手のほか、過去10年で年間50試合以上を達成したユナイテッドの選手は、ウェイン・ルーニー(51試合、2006-07)、リオ・ファーディナンド(51試合、2007-08)、ネマニャ・ヴィ

ページ 1 / 3 次へ »