登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

01 July 2016  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

映像:新加入ズラタン

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決まったズラタン・イブラヒモヴィッチは、輝かしいキャリアを収めながらも、ユナイテッドと公式戦で対戦したのは、過去に2試合しかない。 オールド・トラッフォードでユナイテッドとの契約書にサインしたイブラヒモヴィッチは、ジョゼ・モウリーニョ監督にとって2人目の獲得選手だ。

スウェーデンを代表するストライカーは、昨年の夏にAonが主催したツアー2015の最中、シカゴでユナイテッドと対戦。当時所属したパリ・サンジェルマンで印象に残るプレーを90分間続け、2-0での勝利に貢献した。

プレシーズンゲームではなく、公式戦でユナイテッドと対戦したのは、2008-09シーズンのチャンピオンズリーグ・ベスト16ラウンドまで遡らなければならない。モウリーニョ監督が率いたインテルとサンシーロで0-0のドローとしたユナイテッドは、ホームでの第2戦でネマニャ・ヴィディッチ、クリスチアーノ・ロナウドがゴールを決めて2-0で勝利し、同年決勝に勝ち進んだ。

それ以前には、2007年3月にオールド・トラッフォードで行なわれたUEFAセレブレーションマッチに欧州選抜の1人として出場し、ユナイテッドと対戦した。イブラヒモヴィッチは前半だけの出場に終わり、試合は4-3でユナイテッドが勝利。それから5か月後、セリエAの王者インテルの一員として再びシアター・オブ・ドリームスのピッチに立ち、プレシーズンの親善試合に出場。インテルの初ゴールを決め、3-2での勝利に貢献した。

ページ 1 / 2 次へ »