登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

24/07/2016  Text by Kota Minato
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッドと対戦した香川真司

マンチェスター・ユナイテッドは22日に中国・上海で行われたAon主催のツアー2016初戦でボルシア・ドルトムントと対戦。ピッチには2012年〜2014年までユナイテッドでプレーした日本代表MF香川真司の姿もあった。

ユナイテッドはこの試合で、香川らが先発メンバーに名を連ねたドルトムント相手に、ジョゼ・モウリーニョ体制初の黒星を喫した。63分までプレーした香川は試合後に自身の公式ブログを更新。ユナイテッドとの古巣対決を終えて「疲れましたね。でも試合はやっぱり良いですね。マンチェスターとの試合でもあったので!また次の試合もありますし、新しいメンバーと良いコミュニケーションを持ち頑張ります!」と綴っている。

また、今夏にドルトムントからユナイテッドに移籍したMFヘンリク・ムヒタリアンも、香川とは逆の古巣対決となった一戦に先発出場。意地の1ゴールを挙げて、移籍後初得点を記録した。

試合後には、自身の公式Twitterで「負けたことは悔しいが、僕らはもっと強くなる!結果は残念だけど、友人と会えてよかった」とコメント。それに加えて、ドルトムントのFWピエール・エメリク・

ページ 1 / 2 次へ »