登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10 February 2016  Report by Gemma Thompson

トリックボックス:ラボーナ

U-21ノリッジ戦の主役は5ゴールをマークしたストライカーのウィル・キーンだが、ファーストチームメンバーのメンフィス・デパイもラボーナ(軸足の後ろを廻って蹴り足を交差させボールを蹴る技術)を同試合で披露するなど、高い技術力を見せつけた。

華麗なフットワークで魅せたメンフィスのほか、前半15分で負傷交代を余儀なくされたアドナン・ヤヌザイもフリックやターンで会場を沸かせた。

同試合でキーンが決めた巧みなループシュート以外にも、ファーストチームからチェルシー戦でフアン・マタ、キャメロン・ボースウィック・ジャクソンがピッチ上で見せたテクニックに注目してもらいたい。

【関連記事】
トリックボックス:MUオールスター