登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

25 August 2016  Report by Gemma Thompson. Video: Ashley Denton

映像:オーレのデビュー戦ゴール

オーレ・グンナー・スールシャールと言えば、ベンチ出場ながらマンチェスター・ユナイテッドにとって重要なゴールを生み出す選手だ。そのスールシャールのユナイテッドデビューから、今日でちょうど20年が経過した。

1996年8月25日、まだ知名度の低かったスールシャールは、オールド・トラッフォードでのブラックバーン・ローヴァ‐ズ戦で交代出場。1-2のビハインドの状態で、61分にデイヴィッド・メイに代わり、ピッチに立った。それから僅か8分後、スールシャールは、かつてあったスコアボード・エンドで同点弾を叩き込んだ。それからユナイテッドで過ごした11年で、スールシャールは合計126ゴールをマークした。

もちろん、1999年5月にカンプノウで行なわれたチャンピオンズリーグ決勝で決めたゴールを上回る得点シーンはない。同じく交代出場したテディ・シェリンガムのフリックを押し込み、クラブ史上最大の功績に貢献してみせた。

だが、彼がユナイテッドで初めて決めたゴールシーンを忘れてしまっているファンもいるだろう。デビューから20周年を記念し1996年8月の試合を振り返りたい。