登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

30 August 2016  Report by Mark Froggatt, video by Steve Bibby
ページ 1 / 3 次へ » 

映像:ユナイテッドのバーゲン移籍

今夏の移籍市場は水曜のイギリス時間23時に終了する。ここでは、非常にお買い得となった過去の移籍を5例を取り上げた。

1. エドウィン・ファン・デル・サール(フルアムから2005年7月に200万ポンドで獲得)
ユナイテッドで長期に渡るキャリアを築いたファン・デル・サールだが、実際にはもっと早い時期に入団する可能性があったことは広く知られている。1999年にペーター・シュマイケルが退団を決めた時だ。実際に入団したのは2005年だったが、当時の所属先フルアムも、34歳のファン・デル・ハールがユナイテッドと契約するという機会に強く反対はできなかった。クリーンシートの世界記録を打ちたてただけでなく、2008年、モスクワでチェルシーを破ってチャンピオンズリーグに優勝した際にはヒーローとなった。

2. クリスティアーノ・ロナウド(スポルティング・リスボンから2003年8月に1224万ポンドで獲得)
本来ならこのような巨額を10代の駆け出しの選手に支払ったことをバーゲンとは呼べないかもしれないが、292試合で118ゴール、8つのトロフィにバロンドール受賞といった、その後ロナウドが成し遂げたことを考慮すれば、疑いなく価値のある金額だったといえるだろう。さらにユナイテッドは、ロナウドをレアル・マドリードに手放した際に6776万ポンドの利益を手にしたのだから、決して悪い取引ではなかった。

3. オレ・グンナー・スールシャール(モルデから1996年7月に150万ポンドで獲得)
アラン・シアラーのほうが良かったのに・・・、という歌声がストレット

ページ 1 / 3 次へ »