登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

02 August 2016  Report by Mark Froggatt, video by Matthew Singh
ページ 1 / 2 次へ » 

ルーニーが選ぶOT戦トップ3

ウェイン・ルーニーは、マンチェスター・ユナイテッドの選手として、オールド・トラッフォードで253試合に出場している。それだけの試合の中から本人がお気に入りを選ぶとしたら、どの試合になるのだろうか?

クラブ公式誌Inside United 8月号では、8月3日にオールド・トラッフォードで開催される、エヴァートンとのルーニー顕彰試合を前に収録した独占インタビューを紹介。その中で、ルーニーは熟考の末、ホーム戦で特に印象に残る3試合をあげた。

ルーニーが選ぶ、オールド・トラッフォードでの試合トップ3

ユナイテッド 6-2 フェネルバフチェ│チャンピオンズリーグ・グループステージ│2004年9月28日
試合ストーリー:ルーニーのユナイテッドデビューは、イングランド代表として出場したEuro 2004での負傷で遅れた。しかし、欧州戦でクラブ史に残る活躍を見せ、待った時間が無駄ではなかったことを証明した。ライアン・ギグスのゴールで先制したユナイテッドは、ルーニーがルート・ファン・ニステルローイの精確なパスを押し込み初ゴールをマーク。ミドルシュートで2点目を決めたルーニーは、後半にフリーキックを直接蹴り込み、デビュー戦でハットトリックを達成した。フェネルバフチェもメルト・ノブレ、トゥンジャイのゴールで2点を返したが、ファン・ニステルローイとダヴィド・ベリオンが追加点をあげ、勝利を確実なものにした。
ルーニー「一番のお気に入りは、フェネルバフチェとのデビュー戦になるかな。チャンピオンズリーグのデビュー戦でハットトリックを決められたことは、一生忘れないことの1つ。最高だったよ」

ページ 1 / 2 次へ »