登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

07/04/2016  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 4 次へ » 

10代選手の得点記録に近づく超新星

アントニー・マルシャルは、10代の選手がマンチェスター・ユナイテッドでの1年目にマークした最多ゴール記録まで、あと6ゴールに迫っている。

同記録を保持しているのはブライアン・キッドとウェイン・ルーニーで、キッドは1967-68シーズンに18歳の若さでサー・マット・バズビー元監督の下デビューを飾ると、19歳の誕生日にウェンブリーで行なわれたベンフィカとのヨーロピアンカップ決勝戦で記録したゴールを含め、1年目に17ゴールをマーク。キッド以降1年目に同記録に到達した10代選手は、2004-05シーズンのルーニーしかいない。

ノーマン・ホワイトサイドは1981-82シーズンのラスト2ゲームに出場したが、フルシーズンでのデビューは欲シーンで、当時17歳だったホワイトサイドは57試合で14ゴールを記録。

今季13ゴールをあげているマルシャルは、ホワイトサイドと、18歳だった1956-57シーズンにデビューし1年目の17試合で12ゴールをマークしたサー・ボビー・チャールトンの間に位置している。

ページ 1 / 4 次へ »