登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

23/10/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

10代でクラブ史に名を刻んだ8人

CSKAモスクワ戦で同点ゴールを決めたアントニー・マルシャルは、マンチェスター・ユナイテッド史上8人目となる、欧州主要大会でゴールを決めた10代の選手となった。

ヨーロピアンカップ時代に4選手、そしてチャンピオンズリーグと大会名称が変更されてからは、マルシャルが4人目だ。

現在はマンチェスター・シティーのスタッフとして活躍しているブライアン・キッドは、1968年2月のグールニク・ザブジェ戦でゴールを決め、同大会で得点を記録したクラブ史上最年少選手となった。ウェンブリーで開催されたベンフィカとの同年決勝当日に19歳の誕生日を迎えたキッドは、大舞台でもゴールをあげ、欧州制覇に貢献した。

マンチェスター・ユナイテッド史上、10代でヨーロピアンカップ/チャンピオンズリーグ戦でゴールを記録した選手:

ページ 1 / 2 次へ »