登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「週末は僕らにとってハッピーとは言えなかった。負ければ、次の試合までムードも暗くなるものだから、今週はあっという間に過ぎて欲しいし、結果を残して嫌な流れを変えたい」

― フアン・マタ

04 May 2015  Report by Juan Mata

マタ「嫌な流れを変えたい」

フアン・マタはファンとクラブとの距離を縮めるため、毎週、自身の言葉でブログを更新している。

週末は僕らにとってハッピーとは言えなかった。負ければ、次の試合までムードも暗くなるものだから、今週はあっという間に過ぎて欲しいし、結果を残して嫌な流れを変えたい。

気分が落ちているのには、いくつか理由がある。まず、オールド・トラッフォードでの試合に0-1で負けたこと。ライバルたちが勝ち点を加えて、下位チームとの差も縮まっている今、僕らには勝利が必要なんだ。それから、ここ数週間の悪い傾向だけれど、ポゼッション率で圧倒できて、チャンスも多く作れているのに、点を決められずにいる。ここ数試合でノーゴールだから、もっと効果的なプレーをするため、集中して取り組まないといけない。これ以上ゴールが奪えない時期が長くなるのは耐えられない。前回の試合では最後まで点を取ろうと全力を尽くしたけれど、相手GKが素晴らしかった……。

あと残り3試合。早く勝利を収めて、この嫌な流れを断ち切りたい。次の試合はロンドンでのクリスタル・パレス戦だね。昨シーズンと同じようなスコアを残せれば良いのだけれど。

リオ・ファーディナンド夫人のレベッカが息を引き取ったことも、週末に暗い気持ちになった理由の1つだった。リオと彼の家族は、素晴らしい思い出をクラブに残してくれた。彼女の突然の死に、僕らは心を痛めている。彼と、ご遺族は、辛い時を過ごしていると思う。僕もお悔やみの言葉を伝えたし、ファンの皆も、試合中にリオとご家族をサポートしてくれた。レベッカ、安らかに。

フアン

【関連記事】
ユナイテッド 0-1 WBA