登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

08/05/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

メンフィス・デパイとは?

ユナイテッドへの移籍に合意した、PSVアイントホーフェン所属のメンフィス・デパイは、ヨーロッパで最も才能に溢れた若手の1人として評価が高い。はやる気持ちを抑えられないサポーターのために、デパイに関する5つのことを紹介したい。

1994年2月13日モールドレヒト出身
デパイはガーナ人の父と、オランダ人の母の間に生まれた。出身はオランダ南部のモールドレヒトで、地元のクラブチームVVモールドレヒトに所属した後、プロ選手になりたいという希望を叶えるため、12歳の時にPSVに加入。デパイに大きな影響を与えたのは、他界した祖父だったという。親愛する祖父への言葉を、本人は左腕にタトゥーとして刻み、残している―「偉大な男が、自分に大きな力を与えてくれた」。

2011年 U-17欧州選手権優勝
デパイは16歳の時にU-17オランダ代表に招集され、2011年に開催されたU-17欧州選手権優勝メンバーの1人となる。ドイツとの同大会決勝戦ではゴールを決め、5-2での勝利に貢献。PSVテクニカルマネージャーのマルセル・ブランズは、「メンフィスはオランダを代表する才能の持ち主だ。とても情熱的で、野心家でもある。このまま成長すれば、クラブはきっと彼と共に好成績を収められるはず」と話すなど、成長を見越していた。

ページ 1 / 3 次へ »