登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/05/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 5 次へ » 

印象に残る10の出来事

クラブ内年間アワードでのスピーチを含め、ルイ・ファン・ハール監督の印象に残る出来事10選を紹介する。

1:決意表明
マンチェスター・ユナイテッドの監督は、臆病者には務まらない。有無をも言わせない強靭さ、個性、そして自信が求められる職務だ。クラブより大きな存在の人物はいないが、それを決めるのも監督だ。ルイ・ファン・ハール監督は、就任会見で、自分こそ適任者であるとファンに示した。
「クラブには大きな野望がある。そして、私にも大きな野望がある。われわれがともに仕事をすれば、歴史を作れるだろう」

2:チーム改革
クラブの練習施設であるAonトレーニングコンプレックスの施設に驚いた監督だったが、ファーストチーム用のトレーニングピッチを視察した際、クラブに、オールド・トラッフォードのピッチと同一コンディションのデッソ・グラスマスター(人工繊維と組み合わせた天然芝から成るスポーツ競技場の舗装表面)によるトレーニングピッチ2面を作るよう要望。さらに、選手たちを風から守るため、トレーニングピッチ周辺に木々を植えるよう指示した。

ページ 1 / 5 次へ »