登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

18/03/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

アンフィールドでのホーム戦

今でこそ信じ難い話だろうが、マンチェスター・ユナイテッドは過去に1度だけ、アンフィールドでホームゲームを開催し、何千人ものユナイテッドサポーターが“ザ・コップ(同スタジアムのホーム側ゴール裏スタンド)”から試合を観戦したことがあった。

それは1971年8月20日のこと。対戦相手はアーセナル。前年オールド・トラッフォードで開催されたホーム戦で、サポーターがアウェースタンドに物を投げ込む行為を取ってしまい、1971-72シーズン開幕からのホームゲーム2試合を本拠地で開催できなくなった。そのため中立の開催スタジアムが必要となり、ユナイテッドはイースト・ランカシャー・ロードを通って遠征する必要があった。その上、2万7,649人が観戦に訪れた同試合の入場料収入15%はリヴァプールのものとなり、前年にオールド・トラッフォードで開催された試合で記録された平均観客数の4万8,000人を下回る観客数だったため、ガナーズには賠償金が支払われるなど、ユナイテッドにとっては踏んだり蹴ったりだった。

後半にアラン・ゴウリング、ボビー・チャールトン、ブライアン・キッドがゴールを決めて3-1で勝利したものの、慣れないスタジアムの座席位置がわからないファンが多く、数百名がピッチを渡ってエンドを変える事態が試合開始直前に起こり、キックオフの時刻が遅れるというオマケつき。

ページ 1 / 2 次へ »