登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

01/04/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

印象に残る監督コメント6選

MUTVで独占放送されたルイ・ファン・ハール監督の半生を追ったドキュメント番組“My Philosophy, My Life”で、監督はユナイテッドファンや、著名な解説者と議論を交わした。

監督就任後からたびたび口に出している哲学、自身の目標を含め、監督は人生について語った姿からは、世間で言われるところの“恐怖で他者を支配する独裁者”という姿は微塵も感じられなかった。そんな監督が、番組内で語った印象的なコメントを紹介したい。

「私の選手たちは、ある地点AからBまで単純にボールを蹴るフットボーラーではない。私は選手について知りたい方で、それは非常に重要なことなんだ」

「中には私を独裁者と見る人もいるのだろうが、私は決してそのような人間ではない。柔軟性に富んだ性格だ。スタッフ、そして選手たちの意見も聞き入れる」

「選手だった時は動きがとても遅かったので、考えを巡らす速度を上げないといけなかった。それで戦術を考えるレベルが高まったと思うし、今の地位に相応しい監督になれた要因」

「クラブの文化や伝統を受け入れる必要がある。ユナイテッドでの仕事は、バイエルンとも、バルセロナとも、オランダ代表とも異なる」

ページ 1 / 2 次へ »