登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

ブライアン・ロブソンのアンフィールドでの出場試合数、勝敗数

出場試合数:8
勝利:3
敗戦:2
引分:3

21/03/2015  Report by Adam Marshall

元主将が語るアンフィールド攻略法

現役時代ユナイテッドの選手としてアンフィールドでのリヴァプール戦に8度出場し、クラブ史上マージーサイドでの最多ゴール記録を持つブライアン・ロブソンが、アンフィールドでキャプテンとしてチームを率いる際の極意を明かした。

「すさまじい雰囲気になるが、それで勝敗が決まることはない。どれだけ精神状態をコントロール出来るかが鍵。強い気持ちを持って、リヴァプールの11人とだけ対峙するという風にメンタルを持っていければ、良い結果が得られるはず」

「ポジティブな気持ちで臨まないといけない。試合開始から主導権を掴むことが大事だ。相手も試合開始から速いテンポでのプレーでアドバンテージを得ようとする。そういう展開になるのは試合前からわかっていることなので、心の準備をしておかないといけない。リヴァプールのようなトップチームとのダービーでは、全員が感情をコントロールする必要がある。考えてプレーすれば、良い結果が得られるだろう。もし事を急いで退場者が出るようなら、負けたも同然だ」

「キャプテンとしてすべきことは、チームメイトに声をかけ、積極的なプレーを引き出す。そして、この試合がどれだけ重要なものかを説明する。おそらくウェイン・ルーニーは先週末そのようなことをしたはず。アーセナル戦に負けた後だったので、トッテナム戦は非常に重要な試合だったし、トップ4の座は死守しないといけなかった」

【関連記事】
アンフィールドでMUデビュー