登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

11/03/2015  Text by ManUtd.jp

ギャラリー:被災地へのメッセージ

東日本大震災発生から4年が経った今も、関連被害に苦しむ被災者の数は少なくない。

ユナイテッドと公式パートナーのカゴメは、被災地への関心を薄れさせない活動を引き続き行っているが、その一環として、今年はユナイテッドの選手たち、そしてマンチェスターの子供たちが日本語でメッセージを綴った布地を1枚のフラッグに縫い合わせ、それを東北地方で開催されるサッカースクールのため来日するアンディ・コールが被災地に届けるという取り組みを実施する(メッセージフラッグは、現地15日のトッテナム戦でお披露目される予定)。

取り組みに参加したダビド・デ・ヘア、ロビン・ファン・ペルシー、アシュリー・ヤング、クリス・スモーリング、ジョニー・エヴァンス、マイケル・キャリック、アンデル・エレーラ、フィル・ジョーンズ、アドナン・ヤヌザイ、子供たちの様子を収めたギャラリー集をチェックしよう。

【関連記事】
映像:被災地へ送るメッセージ
被災地でサッカースクールを実施