登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

26/06/2015  Report by James Tuck
ページ 1 / 4 次へ » 

クラブ史上最高額の移籍

ユナイテッド史上最高額の移籍金で移籍が成立した直近10例を振り返る(画像をクリックすると、ギャラリー集がスタート)。

ロイ・キーン(1993年7月19日にノッティンガム・フォレストから移籍/移籍金375万ポンド)
サー・アレックス・ファーガソンが、ユナイテッド史上に残るキャプテンとなる選手を、ブラックバーンから強奪した瞬間だった。当時、キーンは降格が決まったノッティンガム・フォレストから400万ポンドでブラックバーンに移籍すると口頭で合意していた。しかし、正式に成立する直前にサー・アレックスがキーンに電話をかけ、当時の英国史上最高額だった375万ポンドでユナイテッドに移籍するよう説得し、ローヴァーズ監督だったケニー・ダルグリッシュを出し抜いた。キーンは後に自伝で、「あの瞬間から、ほかのクラブと契約するつもりは全くなかった」と告白している。

ヤープ・スタム(1998年7月1日にPSVアイントホーフェンから移籍/移籍金1075万ポンド)
サー・アレックスは、巨木のように屈強なスタムを1998年に獲得する以前から注視していた。1997-98シーズンは無冠で終わったことからチーム改革が必要だったのだ。スタム自身がユナイテッドへの移籍を希望していたことから、移籍を成立させるため、契約金額を自ら主張しなかった。当時DFとし

ページ 1 / 4 次へ »