登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

02/07/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 3 次へ » 

サプライズ移籍トップ5

プレミアリーグ時代に突入後、周囲を最も驚かせた5例の移籍を振り返る。

1 エリック・カントナ(1992年11月27日にリーズから移籍/移籍金120万ポンド)
多くのユナイテッドファンが、サー・アレックス・ファーガソンが成立させた移籍の中でもベストという声が多いケースだ。カントナの移籍は運命のいたずらで決まった。当時リーズ会長だったビル・フォザビーから、当時のユナイテッド会長マーティン・エドワーズに電話がかかってきた。彼はデニス・アーウィンが獲得可能かを問い合わせ、エドワーズとファーガソンが協議することに。その時ファーガソンが、紙に「カントナの獲得は?」と書き記し、エドワーズがフォザビーに問いかけた。しばらくして返答が届き、その後は言うまでもない。ユナイテッド史上に残る歴史が作られた。

2 アンディ・コール(1995年1月2日にニューカッスルから移籍/移籍金600万ドル+キース・ギレスピー)
稀にだが、移籍は相手を出し抜いて決まることがある。このケースは、その稀なケースに含まれ、多くの議論を呼んだ。当時ニューカッスル監督だったケヴィン・キーガンは、得点量産マシーンだったコールの売却を検討すらしていなかった。しかし、ファーガソンは最初のアプローチで良い感触を得たと踏み、7

ページ 1 / 3 次へ »