登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

28/06/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 4 次へ » 

格安で獲得した7選手

ここ25年でマンチェスター・ユナイテッドが獲得した選手の中で、最も費用対効果の高かった7選手を紹介する(画像をクリックするとギャラリーがスタート)。

デニス・アーウィン(1990年6月にオールドハムから移籍/移籍金62万5000ポンド)
1990年のFAカップ準決勝で対戦した際に活躍したSBを獲得しようとしたユナイテッドからの入札をオールドハムも受け入れ、移籍が成立。安定感のあるプレーを続けたアーウィンは、クラブで500試合以上に出場し、7度のプレミアリーグ優勝に貢献した。求められた標準を下回るパフォーマンスを見せたことは、滅多になかった。

アンドレイ・カンチェルスキス(1991年3月にシャフタール・ドネツクから移籍/移籍金65万ポンド)
ソビエト連邦代表として活躍しつつ、東ヨーロッパの中でも隠れた存在だったウィンガーは、その速さとゴールへの強い意欲でユナイテッドファンの支持を得た。チーム内での地位を確実なものにしたのは1994年のマンチェスター・ダービーで、同試合でハットトリックをマーク。サポーターの心を掴み、右ウィングというポジションながらも、同年チーム最多ゴールを記録した。

ページ 1 / 4 次へ »