登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

29/06/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

ユナイテッド加入の経緯

マンチェスター・ユナイテッドに加わった5選手が、移籍成立までの経緯を自ら振り返った。

ルイ・サア:フルアム時代に、サー・アレックス・ファーガソンが僕について調べているという噂を聞いた。ユナイテッド戦では良いプレーをしたことがあったけれど、監督にとっても、獲得に至るまでのモチベーションになるまでは少し時間が必要だったと思う。最終的には、ハッキリと僕の獲得を希望してくれて、それからフルアムと少しだけやり合ったよ。理解は出来ることだけれど、彼らは可能な限りベストの条件を得ようとしていたから。あるときに、「もう十分だろ」と思って介入して、移籍が成立したんだ。

ドワイト・ヨーク:移籍かアストン・ヴィラ残留かの憶測が多かった。たしか、1998年の8月20日だったと記憶しているけれど、クラブから連絡があって、「荷造りしてマンチェスターに向かえ。移籍が成立する」と言われた。その瞬間は興奮したし、気持ちが大分楽になったね。交渉が長期化していたし、ヴィラは強気の交渉をしていたから。

ブライアン・ロブソン:当時はウェスト・ブロムウィッチに所属していて、監督はロニー・アレンだった。ある日の練習が終わ

ページ 1 / 3 次へ »