登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/06/2015  Report by Sean Mullan
ページ 1 / 3 次へ » 

クラブ史上初の移籍

マンチェスター・ユナイテッド史上初の事例となった移籍を振り返る(画像をクリックすると、ギャラリー集がスタート)。

クラブ史上初の移籍金発生 - ギルバート・ゴッズマーク
まだユナイテッドがニュートンヒースというチーム名だった当時、9試合にのみ出場した選手だが、クラブ史上初めて移籍金が発生して加入した選手として、その名は歴史に刻まれている。1900年の1月にアシュフォードFCから40ポンドで加入したゴッズマークだったが、第二次ボーア戦争に出兵した際に疾病を患い、この世を去った。移籍金の半額にあたる20ポンドは先払いで、残りはトライアル期間の活躍にクラブが満足した場合という約束で、後にアシュフォードから支払を求める文書が届いた。

クラブ史上初の英国史上最高額 - デニス・ロー
伝説とも呼ばれるスコットランド出身のローは、1961年にマンチェスター・シティーからトリノに移籍したものの、イタリアの守備的な戦術にフラストレーションを溜め、その1年後にはイングランドへの復帰を決断する。当時はユヴェントスに売却されると伝えられたが、本人の希望もあり、ユナイテッドが当時の英国では史上初6桁(11万5000ポンド)での移籍金でローを獲得した。

ページ 1 / 3 次へ »