登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

09/01/2015  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ギャラリー:バルデスの足跡

現役のGK、もしくはフィールドプレーヤーであっても、ビクトル・バルデスがバルセロナ時代に残した功績と同等のキャリアを誇る選手は極めて稀だろう。

チャンピオンズリーグ優勝3回、リーガ・エスパニョーラ優勝6回、コパ・デル・レイ優勝2回、クラブワールドカップ優勝2回などなど、枚挙にいとまがない。

バルセロナに12シーズン在籍し、合計500試合以上に出場したトップGKは、昨シーズン開幕前に退団を表明し、昨春に膝の前十字靭帯断裂という怪我で幕を閉じた。

バルデスは負傷する前、「バルセロナのGKというポジションはプレッシャーも責任も重大で、そうした負担を若い頃から感じてきた。勝利が義務付けられているので、自分自身にプレッシャーを課してきた」と語っていた。退団後、昨年の10月からユナイテッドでリハビリとトレーニングをする許可をもらい、1月に正式契約を締結。欧州ベストと言われたGKの輝かしい足跡を、バルサ時代の画像と共に振り返る。

ページ 1 / 2 次へ »