登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

20/01/2015  Report by Mark Froggatt

ロブソンが語るFAカップの思い出

ユナイテッドOBのブライアン・ロブソンは現役時代3度のFAカップ優勝を果たしている。

1981年10月にユナイテッドへ移籍したロブソンは、リーグ戦においては現役時代の大半をリヴァプールとエヴァートンの後ろ姿を追って過ごしたが、FAカップとなると話は別で、1983年、1985年、1990年に優勝を果たしている。

今週金曜日のケンブリッジ・ユナイテッド戦を前に、ロブソンにFAカップの思い出を語ってもらった。

ユナイテッドに移籍した当時のFAカップの重要性は?
とても大事なタイトルだった。WBAを去ってユナイテッドへ移籍した理由のひとつは、タイトル獲得のチャンスが大きくなるということだった。1983年にブライトン相手に勝利して獲得したFAカップが私にとって初めてのタイトルだった。素晴らしい雰囲気だった。またウェンブリーでプレーできたのも素晴らしかったし、優勝は最高の気分だった。

今のユナイテッドにおけるFAカップの重要性は?
ユナイテッドはFAカップを大切にしている。ユナイテッドはアーセナルと並んでFAカップ最多優勝数を誇る。

ページ 1 / 3 次へ » 


「優勝トロフィーを掲げる時の気持ちは上手く説明できない。何故なら本当に素晴らしい経験だからだ。一緒に戦ってきたチームメイトとの仲間意識が生まれる。私たちが得られる最高の気分のひとつだろう」

−ブライアン・ロブソン