登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

19/02/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

ハッピーバースデー、ディ・マリア

彼のような選手のチームメートになれたのなら、誰もが感謝するに違いない。というわけで、2月14日に27歳の誕生日を迎えたアンヘル・ディ・マリアへのメッセージを、ユナイテッドのチームメートから集めた。

マルコス・ロホ:アンヘルに初めて会ったのはアルゼンチン代表でだった。彼はいつだってクールな人さ。初めて会った時から気が合って、僕らは齢も近いからすぐに打ち解けた。それから良い友人関係を築けている。僕らはクラブで唯一のアルゼンチン出身だから、ほとんど一緒に行動しているね。マテ茶をシェアすることもある。とても控え目な性格だけれど、練習や試合になると真剣モードに切り替わる。そして、良き父親でもあるよ。家族をとても愛している。優れた人格の持ち主だし、偉大なプロフェッショナルだね。

マイケル・キャリック:肩を左右に振って相手DFを抜く選手は多いけれど、彼はダイレクトに進みながら抜ける。昔のギグシー(ライアン・ギグス)のようだよ。彼の足下にボールが収まると前に運べるし、凄い速さで進行方向を変える。だから彼を止めるのは難しいんだ。彼のように中盤を抜ける選手は少ない。サイドを駆け抜ける選手は多いけれど、中盤を突破できる選手は稀だね。

ページ 1 / 3 次へ »