登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

14/04/2015  Report by Ben Hibbs. Interview by David Stowell
ページ 1 / 3 次へ » 

キャリック インタビュー

マイケル・キャリックが自分の幼少時のことや15歳でロンドンへ移ったこと、そしてどうやって今の自分が形成されたかなどについて語った。

また、現在34歳のキャリックは将来や、練習方法、そしてキャリアを長続きさせるためのテクニックなどについても語った。

「とにかくフットボール選手になりたかった」これはフットボールが盛んなイングランド北東部出身の子供たちからよく聞く言葉だが、キャリックもそのひとりだった。「母親から、赤ん坊の時からボールを欲しがっていたと言われた。おもちゃ屋に行くと、まずはボールを探していたらしい。小さな頃からフットボールが自分の中に存在していたんだ」

「初めてフットボールのピッチへ向かった時は泣いたよ」スティーブ・ブルースやピーター・ベアズリーなどを輩出したことで知られるウォルセンド・ボーイズクラブに加入していたキャリックは振り返る。「土曜日の夜に練習があったんだが、戦争のような状態だった。4歳から9歳位までの子供たちが5対5の試合を行っていた。父親と祖父が来ていた。客席が何段かあって、スタジアムのようになっていた。当時

ページ 1 / 3 次へ »