登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

29 October 2014  Report by A Marshall & S Bibby
ページ 1 / 3 次へ » 

映像:試合終了直前のゴール集

ユナイテッドは、バークレイズ・プレミアリーグ発足から、たびたび試合終了直前にチームを救うゴールを決めている。

チェルシー戦でロビン・ファン・ペルシーが決めたようなゴールシーンを、MUTVの協力のもとで厳選し、紹介したい。

スティーヴ・ブルース(vシェフィールド・ウェンズデー、1993年)
おそらくユナイテッド史上に残る終了直前のゴールシーンだろう。優勝争いの最中、CBは86分にヘディングシュートで同点ゴールを記録。その数分後には、再びヘッドで決勝点を決め、当時のアシスタントマネージャーだったブライアン・キッドは、喜びのあまりピッチに出て歓喜の叫びをあげた。

デイヴィッド・ベッカム(vレスター、1998年)
ワールドカップ・フランス大会でのアルゼンチン戦で退場処分を受けたベッカムに、イングランド内外から批判が集まった。だが、本人の集中力を妨げるものは何もなく、2-2のドローに持ち込むFKを決めてみせた。開幕戦で危うい試合を見せたチームを見て、同年チーム史上に残る偉業を達成するとは、誰も思わなかったはずだ。

ポール・スコールズ(vサンダーランド、2003年)
新年1戦目はぬかるんだピッチで、フアン・セバスチャン・ベロンがオウンゴールを決めてしまい、ベッカムのゴールでなんとか追いつきドローで終わるかと思われた。しかし、ポール・スコールズが、相手GKユルゲン・マチョが守るゴールネットを揺らし、勝ち点3を獲得した。

ページ 1 / 3 次へ »