登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

29/05/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

新スタッフ紹介:マルセル・バウト

対戦相手のデータ収集を専門とするアシスタントコーチ、マルセル・バウトが来シーズンからユナイテッドに加入する。

現在51歳のバウトは1995年にフェイエノールトからコーチとしてのキャリアをスタートさせ、2004年まで同クラブに所属し、その後FCフォーレンダムへ移籍した。両クラブではユースチームのマネージメントとスカウトを担当した。

そして2006年、ルイ・ファン・ハール監督がAZアルクマールでの1年目を終えた後、バウトは同クラブのユースチームコーチに就任。2006-07シーズンは2人の活躍で、FCトゥエンテとアヤックスを抑え、エールディビジを制覇した。

ファン・ハール監督が2009年にバイエルンに移籍すると、バウトはテルスターでコーチに就任する。そしてファン・ハール監督がバイエルンでリーグとカップの2冠を制したあとの2010年、バウトはバイエルンに移り、再び2人はコンビを組むが、ファン・ハールは2010-11シーズンにバイエルンを去った。

バウトはそのままバイエルンに残り、アシスタントコーチとしてアンドリース・ヨンカー暫定監督の元で働き、その後就任したユップ・ハインケス監督の元でも重用されたが、アシスタントコーチ兼テクニカルアナリスト兼スカウトとしてオランダU-21代表スタッフに入り、オランダA代表監督に就任したファン・ハール監督と三度一緒に仕事をすることになった。

ページ 1 / 2 次へ »