登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

29/05/2014  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 4 次へ » 

ギグスストーリー:1994-99

この時期のユナイテッドは1990年代初頭を上回る成績を残し、ライアン・ギグスはその中心選手として活躍。ファンの記憶に一生残る1999年、バルセロナでのトレブル達成においても重要な役割を果たした。

1994−95シーズンのユナイテッドは、プレミアリーグを3年連続で制覇するのかどうかという点で多くの注目を集めていたが、結局このシーズンは優勝を逃し、ユナイテッドにとっては大きな分岐点となった。ブラックバーンにわずか勝ち点差1及ばず2位でリーグを終えたユナイテッドだったが、これはエリック・カントナが1月のクリスタル・パレス戦のカンフーキックで出場停止処分を受けたこと、そしてギグスの欠場に依るところが大きかった。

ギグスはこのシーズンの最終6試合を怪我で欠場した他、1-0でエヴァートンに敗れたFAカップ決勝も欠場し、結果ユナイテッドは2年連続2冠のチャンスを逃した。

ポール・インス、マーク・ヒューズ、アンドレイ・カンチェルスキスが去った1995-96シーズンは、アレックス・ファーガソン監督の第一期黄金時代の終焉を意味したが、同時にギグスを中心とした第二

ページ 1 / 4 次へ »